透明で目立たない…マウスピース矯正も選択肢に入れてみて!

今までの歯科矯正の種類は?

歯科矯正といえば、銀色のワイヤーや器具を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。通常の矯正では、ブラケットやワイヤー等の器具を歯に取り付けて歯を動かします。歯の表面に着けるので目立ちます。また、歯の裏側に取り付ける、裏側矯正と呼ばれるものもあり、こちらは裏側に着いているので目立ちません。これらの方法では、どちらも、ワイヤー等で口の中を傷つけてしまったり、歯磨きがしにくいために虫歯になりやすいというデメリットがあります。

マウスピースを使って矯正する方法も!

ワイヤーでの矯正は、見た目や手入れ等の面倒臭さから敬遠されがちです。特に見た目は、職業によっては重要になります。そのような理由で悩んでいる方にオススメなのが、「マウスピース矯正」です。名前の通り、マウスピースを歯に装着することで矯正する方法です。透明なので目立たず、取り外しも可能です。取り外しが出来ることで、ワイヤーでの矯正では難しかった歯磨きを、いつもと同じように行うことが出来ます。また、口の中を傷つける心配もありません。

マウスピース矯正で気を付けなければいけないこと

従来の矯正に比べて、便利なマウスピース矯正ですが、気を付けなければいけないことがいくつかあります。一つ目は、通院回数が多いことです。2~3週間に一度、マウスピースを新しいものに交換する必要があるためです。二つ目は、自己管理をしっかり行わないと、効果が出にくいということです。マウスピースは嵌めている時にしか、効果がありません。取り外すことが出来るからといって、嵌めていないと効果はありません。効果をしっかりと出すためにも、自分で管理する必要があります。しかし、これらのことを注意することで、目立たず苦痛の少ない矯正を行うことが出来ます。どの方法で行うか迷っている方は、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

オールセラミックとは、審美的に歯の見た目を美しく整える一つの素材のことです。費用は高いですが、歯が白くまた歯並びも非常に美しくなります。